行政書士の開業について

行政書士の実務はどうやって覚えていくのか

行政書士の実務というものを考えた時に、どんなことができるのか、
それは何であるかということを把握することが重要です。
法務書類に関して作成が認められているのは、弁護士と行政書士になります。
弁護士は裁判と調停という最大の強みがあります。
この手法を使って、紛争を解決することを目的としています。
これに比べて行政書士は、紛争を解決する手段を持たない代わりに、
未然に防ぐために法務書類の作成をします。

 

実際に作成できる書類の種類はとても多く、現在一万種類を超えるといわれています。
これを覚えていくということは、ほぼ不可能といえるほどの数です。
そこでどうやって実務をこなせるようにしていくかといえば、
どこかで学び取ってから開業し実務をこなしていくか、
行政書士のおすすめテキストの選び方などを参考に、調べながらでも実戦の中で覚えていくかということになります。

 

学び取っていく方法は開業前にどこかの事務所などに努めることがあるわけですが、実際に求人は極めて少なく、
可能性はかなり低いものです。
そこで、実戦型の研修会が開かれていますので、
そういった場で覚えてくる方法があります。

 

もう一つの調べながら覚えていく方法は、数多くの種類を抱えることができる行政書士ではありますが、
ひな形となるものはかなり出回っています。
中には有料で販売されているものもあるわけですが、
そういったものを利用しながら実務をこなしていき、身に着けていく方法になるのです。
行政書士試験を独学で合格する詳細はこちら